増改築

「二世帯で住めるように家を広くしたい」
「老朽化に伴って家の一部を新しくしてほしい」
「子供の成長に合わせて部屋を増やしたい」

こんなご要望はありませんか?
当社がお客様のご要望に合わせて、最適な増改築を行わせていただきます。

増改築を行うにあたっては、耐震性能のチェックは欠かせません。
建物の構造や工法に精通する当社だからこそ、安心・安全な増改築を行うことが可能です。
もしも老朽化している箇所がありましたら、しっかりと補修を行い、より長く住まえる理想の空間につくりかえます。

増築と改築の違い

まず「増築工事」とは、建築物の床面積を増加させる工事のことです。
同一棟で行っても別棟で行っても、建築基準法上は増築工事となります。

それに対して、火災などで滅失した建築物や施主様の都合で除去した建築物を、以前の用途や規模、構造とそれほど変わらない形で全部または一部を建て直すことを「改築工事」といいます。

一般に防火・準防火地域以外に建っている建築物で、増改築工事の床面積の合計が10㎡以内の場合には、建築確認申請は不要です。
一方、防火地域・準防火地域内の建築物で増改築工事を行う場合は、床面積の広さに関わらず建築確認申請が必要となります。

一覧ページに戻る