屋根塗装・外壁塗装

外壁・屋根にこのような症状はありませんか?

□ 色あせている
□ 外壁にひび割れがある
□ 塗膜の剥がれ、めくれがある
□ コケやカビが発生している

建物は築年数が経過するごとに、外壁や屋根に汚れ・色あせなどの症状が出てまいります。
場合によってはコケやカビが発生してしまうことも…。

そのような症状が出ている場合、そろそろ塗り替え時期が近付いている証拠です。
塗り替え時期の目安は、環境や気候、塗料の種類によって変わりますが、およそ10年前後が最適と言われています。

しかし、「お金がかかるし忙しい…」「まだ塗り替えなくて大丈夫でしょ?」と放置してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
屋根・外壁を塗り替えることなく、そのまま放置するとどうなるのか、その症状をご紹介したいと思います。

屋根・外壁の劣化を放っておくとどうなるの?

【症状その1】 防水効果の低下
外壁材の表面をコーティングし、雨や湿気などの水分の浸入を防いでいる塗膜。
その防水性が落ちてしまうと、屋根・外壁の含水率が高まり、コケ・藻・カビが発生しやすくなります。
住まいを健康に保つためには、この段階で塗り替えを行うのがオススメです。

【症状その2】 ひび割れが起こる
防水効果が切れたまま放っておくと、今度はいよいよ塗膜が剥がれてしまい、外壁材自体の耐久性が落ちてきます。
耐久性が低下した外壁材はひび割れを起こし、やがて反ってきます。
こうなるとますます外壁の劣化は進行するばかりですので、早めに塗り替えを行いましょう。

【症状その3】 外壁内部の劣化が進む
ひび割れた裂け目や反りの隙間から水分が浸入すると、外壁内部の下地に染み込んでいくため、そこから腐食が始まります。
腐食が進むと建材が脆くなるばかりか、外壁が崩れ落ちる危険性も…。
壁自体が雨や湿気の影響を直に受け、雨漏りを引き起こすことでシロアリを招く原因にもなりかねません。
最悪の場合は大規模修繕が必要になってしまうため、こうなる前に屋根・外壁塗装を行って健康な住まいを守り続けましょう。

一覧ページに戻る